BLOG 幸せの処方箋

嫉妬とは?   インナーチャイルドの癒し

誰もが 誰かの幸せを妬ましく思ってしまったり
ひがんでしまったりする自分を好きではなく
他人の幸福を自分のことのように喜ぶことができる人になりたいと
思っているのではないでしょうか?

もしそれができなくて
逆に誰かの不幸や苦しみに安心感さえ覚えてしまうとしたら
残念ながら今のあなたの意識の方向は
自分を幸福から遠ざける方向に向いているのです。

嫉妬という感情は

・あなたがそれを欲しくて
・自分にはそれが手に入れられない

と思っている場合に感じる感情です。
この二つを満たしてはいない場合 嫉妬は感じないのです。

あなたが この二番目の
・自分にはそれが手に入れられない
と(潜在意識的に)思っていると
それは現実化してしまいます。

つまり自分にはそれが手に入らない現実を
体験してしまうのです。

ですから嫉妬という感情が生まれるうちは
あなたにはその願望を叶えることができない状態である
ということが言えると思います。

潜在意識というのは目には見えないので
自分では気が付きにくいものです。

あなたがどのような人 どのような状況に
嫉妬を感じるのかを 自分でよく観察してみましょう。

その人はあなたがなりたい姿であり
しかもあなたは自分はそうはなれないと信じている

ということになります。

自分はこれが欲しいんだな

と気づくことが大切なんですね。
本当は欲しいものを「欲しくない」と言ってしまうことを
わたしたちは子どものころから どういう訳か してしまうようになります。

それでは自分に欲しいものを与えてあげることができません。

それを自分は手に入れられないと
潜在意識は思っているということに気がつくことができたら
その信念を解除することに取り組むことができます。

感情は何かを教えてくれるものです。
裁くものではなく 制御しようとするものでもなく。

生まれる感情には素直にその存在を認めてあげ
それが自分に何を伝えてくれているのかに耳を傾けることが
とってもたくさんの気づきをくれます。

昔ガイドがくれたメッセージをご紹介します。
最後の方に嫉妬という感情に関しての教えがあります。

ガイダンスというのは「導き」「アドバイス」のことです。

ある人のことを許せなかったときにとったガイダンス

私の質問:**さんと決別したとたんいい気分になったの。
彼女の存在は私に何をもたらしたの?

覚えていてください。彼女は100%完璧に存在しています。
そうする自由が彼女にはあります。

しかしそんな彼女を見てあなたが 人を支配する事は嫌だと感じたり、
嘘をつくことに卑劣さを感じて 自分はそうなりたくないと思うとき
あなたは自分というものを定義するための基準としてのギフトを
彼女からもらった事になります。

そうやってあなたは自分自身を
他の誰でもないユニークなあなた自身というものを創り上げてゆくのです。

誰かと出会った時 その人の中にある資質の何が好きで何が好きでないか
それらの資質ひとつひとつにたいして
あなたが抱くフィーリングのひとつひとつが
あなたを創りあげています。

ですからこれまで出会ったこともないようなタイプの人と出会うとき
あなたはその未知の分野における
あなた自身というものの定義を創りあげてゆきます。

他人は鏡だというのは そういうことを意味しています。
あなたは鏡の前に立ち 髪形が気に入らなければ直します。
けれども鏡がなければ
髪形が気に入らない事にも気がつかないかもしれません。

もちろん鏡は美しいものも映しだします。
あなたが誰かといて とても楽しくてしあわせで
その人のことを心から好きだと思うとき
あなたは自分の中にその資質を選択し 育ててゆきます。

ですから誰かの素晴らしい面に対して 妬みの気持ちを持つことは
あなたからその資質を遠ざける事になるのです。
なぜならあなたはその資質を 選択せずに否定したからです。

誰かに対して大嫌いだと感じたり、大好きだと思ったり
どちらも大いに結構です。
たくさんのフィーリングが
他の誰でもないあなた自身を創りあげているのですから・・・。

ガイダンスのページはこちら
(昔かいたきりで更新していませんが・・・)












関連記事一覧

PAGE TOP