BLOG 幸せの処方箋

記憶は感情でできている

古い感情がため込まれていると
ちょうど落書きだらけの黒板に新しく何か書いてもよくわからないように「今自分が何を感じているのか」ハッキリとわからなくなってしまう

戴いたお便りをご紹介します。

コスモスハチ コスモス

YURI 様

先日は、ありがとうございました。

あれからしばらく、ぼーーーーっとする時間が続いて、今日あたりからやっと
ご連絡できるような感じになりました^^;

セッションで一番衝撃的だったのは、
感情エネルギーを体感できたとこと
です。

セッション後に手足や唇が、あんなにしびれてビリビリするぐらい
エネルギーがスタックされていたことを、体で感じることができたのが
良かったです。

想像とか思いこみではなく、
この感情は確かに自分の中にあったんだと
確信を持つことができました。

あと、今まで乗り越えたつもり、許したつもりでいたことも
実は何一つクリアになっていなかったことにも気づけて
かえって良かったです。
何か分からないけど苦しい、という状態が一番つらいですもんね!

感情も大切なもの。
今まで客観的であることにこだわりすぎて
自分の感情が分からなくなってしまっていました。
主観も大切なんですよね。
それに気づかせてくださり、感謝です。

YURIさんの言動すべてに安心感を感じて、
受けとめてもらえると思えたからこそ、
自分でも出すことを許してこなかった感情を
引っぱりだすことができたのだと感じています。

いつも感情の袋のヒモをきつく縛って生きてきたので、
感情の扱い方も何も全く分からなかった私に、手とり足とり
温かく教えてくださり、誘導してくださり、ありがとうございました。

またよろしくお願いします。
ありがとうございました。

 

コスモスハチ コスモス

素敵なご感想をありがとうございます。
とても嬉しいです。

そうですね。

感情はエネルギーだということが
実際に身をもって体験できると
それを何十年間も溜め込んでいたんだなってことが
ハッキリと理解できますね。

それがいかに不要なエネルギーを
消費するものであったのかということも
セッションのあとで実際に胸のあたりが
スゥ~~ッと軽くなることで実感できますね?

喜びも悲しみも同じ場所、ハートで感じるので
古い感情がため込まれていると
ちょうど落書きだらけの黒板に
新しく何か書いてもよくわからないように
「今自分が何を感じているのか」
ハッキリとわからなくなってしまいます。

何よりも 記憶というのは
感情により保持されているので
古い感情を溜めてしまうと
その記憶がわたしたちを支配しちゃうんですね。

どうでもいいところで突然怒りが爆発したり
なんであの一言でこんなに悲しい気持ちになるのかな・・・
みたいなことって全部記憶が作用しています。

自分の本当の気持ちに気づけなくなってしまうんです。

実際に感情をどんどん手放してゆくと
記憶ってどんどん消えてゆきます。
強い感情を伴ったことは良く憶えていても
そうでないことはあまり憶えていないでしょう?

古い感情を手放してしまうと
赤ちゃんのようにまっさな心には
「今・何を感じているのか」が
キリクッキリわかるようになります。

それはとっても気持ちのいいことなんですね!

そしてそのまっさらな心に
「こうしてみよう!」
「こうなりたい」
という希望や夢が出現してきます

みなさまが
自分らしく自由に人生を描いてゆけますように

2011-08-01(過去記事転載)

関連記事一覧

PAGE TOP