BLOG 幸せの処方箋

自分を甘やかしてあげるということ

こんな風におひさまが顔を出さない日というのは
陽の氣が少ない日です。

陽の氣、つまり行動的なエネルギーが不足がちになるので
誰もがちょっと静か目のエネルギーになるのが自然なことです。

ほとんど植物並みにおひさまのエネルギーに依存しているわたしは
こんな日はテンションもはっきりとダウンするので

ダウンジャケットを着込んで駅前のカフェに避難し
フレンチトーストにメープルシロップをたっぷりかけて
エネルギーチャージをしております。

なんとなくエネルギーが湧かない日というのは誰にでもあると思いますが
その時には最も身体と心が喜ぶことをしてあげるのが
一番のエネルギーの回復に繋がります。

そんな時には
わたしはよく朝からあったかいお風呂に入ったり
あま~~いデニッシュやホットチョコレートでチャージしたりします。

甘いものは文字通り
甘やかされ感
を感じさせてくれますから
心によく効きます。

一番いけないのは
「あ~~なんか調子悪い・・・。もっと元気出さなくちゃ」
「こんな事じゃだめだ!」
みたいに自分を追い込んだり責めちゃうことだと思います。

また心と身体は繋がっているので
いくら身体によくても
心に負担や我慢を強いたりすると
身体にもよくないのではないかと思います。

先日わたしは低インシュリンダイエットの記事を読んで実験したくなり
炭水化物をかなり制限して一日を過ごしましたが
反動で 夜になってチョコレートを丸ごと食べてしまいました。

身体にいいからと信じて
厳しい糖質制限などを無理して行うことは
あまりよくない、どころかちょっと危険ではないかという気がします。

わたしたちは神なので
「これは身体に毒だ」
と意識しただけで
その食材を毒に変える力を持っています。

これが添加物等に気を使って
健康食品店でお買い物をしている人の
顔色が悪いことが多い理由だと思います(笑)

さまざまな健康法が氾濫しているので
自分に何が合っているのか見極めることも大切なことですね。

それでなくてもわたしたちは社会から

こう生きなさい
もっとがんばらないと
まだまだ足りない
それってヤバいよ!

みたいな無意識のプレッシャーを受け続けているわけですから
もっと自分を甘やかしてあげてもいいんじゃないかって思います。

インナーチャイルドに傷を持っていると
「今のままの自分じゃダメだ!」
という強迫観念に普段から四六時中追い立てられているわけですから
余計に苦しくなってしまいます。

自分に優しい行為をしてあげてるつもりでいながら
「こんな自分を甘やかしちゃダメだ!」
と心の中であがいている場合もありますから要注意で
この場合は逆効果でどんどん気持ちも落ち込みます。

ですので
甘やかす時と頑張るときのメリハリつけて
甘やかす時はテッテイ的に!
がいいと思います!

あなたが一番手っ取り早く
ご機嫌になれることって何でしょう?

それを自分にしてあげましょう!

2017-03-02

関連記事一覧

PAGE TOP