BLOG 幸せの処方箋

映画「LION」幼い頃の記憶だけを頼りに 現代版「母を訪ねて3千里」

この映画は実話です。
しかもリアルタイムに現代のお話です。つい最近と言ってもいいほど。

このテーマ曲がまた素晴らしいですね。

「感動的だから是非!」って勧められて観たのですが とっても良かったです!
ラストでは号泣してしまいました。
そればかりか一晩中思い出すたびに涙が出ました。

現在はオーストラリアで幸せに暮らすサル―は
インドのガネシュ タライという村にお母さんと兄弟と暮らしていました。

ところが5歳の時に 誤って貨物列車に乗って眠ってしまい
千数百キロも離れたカルカッタまで運ばれてしまいます。

生まれた町の名前を言っても誰もわからず
言葉も通じないためそこで迷子になってしまいます。

ストリートチルドレンになったり
人身売買組織に狙われたり
危険な目にもあいますが
親切な青年によって 警察に保護されます。

遠く離れた田舎の村である故郷までは
サル―の情報が届くはずもなく
親が見つからないということで孤児院に送られます。

そしてオーストラリアに住む優しい夫婦に
里子として引き取られ 大切に育てられます。

恵まれた幸せな毎日を過ごすサル―

でも心のどこかには
幼いころにはぐれた優しいお母さんや大好きだったお兄さんのことがありました。

そしてここからは有名になったので 知っている方も多いかもしれませんが
グーグル―アースで生まれ故郷をついに探し当て
お母さんに会いに行く
というお話です。

地名がわかればその場所をグーグルアースで見つけるのなんて一瞬ですが
そこはインド。
あまりにも広くて 
しかも 地名も5歳児のおぼろげな記憶で間違って覚えていたから当然ヒットしない。
カルカッタからのおおよその距離で描いた円の中を
覚えている風景を元に手当たり次第に探してゆく、という作業で
実に6年間を要したそうです。

でも昔なら実際に訪ねるしか方法がなかったわけですから
まず迷宮入りは確実で
今という時代の恩寵を感じますよね!

ストーリーは番組にもなったらしい
奇跡体験‼アンビリバボー

 

この映画
まず子供時代のサル―がほんっとうに可愛らしいです!
全部のシーンが可愛いので 見飽きません!

5歳のサル―は生まれた場所の名前「ガネシュ タライ」を
「ガネストリ」と覚えていて
駅で切符売り場に行って
「ガネストリ」というシーンとか激萌です!!

意味不明で相手にされず ストリートチルドレンになるのですが
それにしても5歳児が迷子になっているというのに
あれほどたくさんの人がいるのに 誰もかれも自分のことで手一杯。
誰もサル―に手を差し伸べようとせず放置という
カルカッタの貧しさに 驚きます。
日本の戦後もあんな感じだったのかなって思います。

でも
サル―はとても素直で可愛らしかったので
ラッキーが重なって
無事に幸せをつかむことができました。

大人になったサル―は
スラムドッグミリオネアに出ていた俳優さんが演じているのですが

スラムドッグミリオネアで
子供が物乞いのために目を焼かれてしまった衝撃的シーンを覚えているので
サル―がわずか5歳で
危険な街カルカッタで迷子になってしまったにもかかわらず
数々の危険をかいくぐって無事に成長できたことは とてもラッキーだったと思います。

里子に出された先の夫婦が
善良で愛情深い人たちだったこともラッキーでした。

この里親のお母さん役を
オスカー女優のニコールキッドマンが演じているのですが
この女優さんの凄さを初めて知りました。

華のある女王様キャラなイメージ
を持っていたのですが
演技が本当に自然で素晴らしかったです。

ガネシュ タライの本当のお母さんは
一晩で二人の息子をなくしてしまい
どんなにか悲しく恐ろしかったことでしょう。

でもサル―は必ず帰ってくると信じて
遠くに引っ越しをしないで待ち続けていたのだそうです。
きっと祈りが通じたのですね!

25年ぶりにサル―が帰ってきたとき

雷に打たれたような驚きを感じた
そして海のように深い幸せを感じた

とお母さんは語っています。

ラストには実写シーンも収録されています。

本当に良かった!!

そして
この物語をサル―は自伝として出版
映画化の版権をハリウッドは14億円で買いました。

サル―はインドのお母さんにも
家やテレビ電話を買ってあげて 行き来しながら交流を深めているそうです。

絵にかいたようなハッピーエンド。

お兄ちゃんがいてくれたら最高だったけど。

でもきっと お兄ちゃんが守ってくれたに違いありません。

ちなみに サル―の本名は サリュ で
ガネストレイ と同じように幼いサル―の間違いで

その意味は

LION

なのだそうです。

改めて聞くと
胸に染み入る曲ですね。

 

関連記事一覧

PAGE TOP