BLOG 幸せの処方箋

思いの力は奇跡を生む

トム・ハンクス主演 「アポロ13」
アポロ13
ちょっとうろ覚えだけど。。。

アポロ13号が 月からの帰還時
トラブルにより 燃料が圧倒的に足りなくなり
地球に無事に戻るために 乗組員は エアコンも切り
超省エネの極限状態で 帰還に臨みます。

極限状態の中で 最初のうちには乗務員の
エゴイズムが顔を出したりもするのですが
力を合わせなければ生き延びることができない状況下では
ひとりでに強い連帯感で心が結ばれてゆきます。

地球との交信のための電源はキープしなければならないため
自動制御のコンピュータによる自動運転を
手動に切り替えなければならなくなったのです。

大気圏に突入する際に 安全が確保できる突入の角度の範囲はとっても狭く
1度でも垂直に近ければ 衝撃で大破
1度でも 水平に近ければ 機体もろとも燃え尽きてしまうのだそうです。

う。緊張する。。。
だってさぁ~ 目でその角度測るんだよ?あてずっぽうとあんまり違わないじゃない!
無事に戻れたのって絶対に奇跡だ!!!

その角度を手動計算したのが若干14歳の天才少年だったという話を聞いています。

映画の中では 国中が祈り
またローマ法王の呼びかけで世界中の人が無事を祈って
彼らの帰還を見守る実際の場面が出てきます。

わたしはここで号泣うるうる

多くの人の祈りの力というのは
本当に大きいのですね。

一人の意識が 運命を引き寄せるということが
あたりまえのように言われるようになった今
大勢の人が心をあわせて祈ることが
どれほどパワフルなものであるのかが よく理解できます。

ひとりひとりが
生活の中のちょっとした空き時間に
世界中の人が笑顔で暮らす平和な世界を思って祈ったなら
きっとその日は早くやって来るのだと
信じることができます。
アポロ13乗組員
実際の乗組員と帰還時の画像
よかった☆

2010年10月16日

関連記事一覧

PAGE TOP