BLOG 幸せの処方箋

ダイソー商品のみで 手作りクリスマスリース

アドベントとは、wiki先生によれば

アドベント (Advent) は、キリストの降誕を待ち望む期間のことである。
日本語では待降節(たいこうせつ)、降臨節(こうりんせつ)という。

アドベントという単語は「到来」を意味するラテン語
Adventus(=アドベントゥス)から来たもので、
「キリストの到来」のことである。

とのこと。

アドベントの始まりの日は
11月30日に最も近い日曜日、とされていて
今年は12月1日です。

わたしはプロテスタント系の学校に通っていたので
毎週一本づつキャンドルが灯されてゆき
クリスマスがやってくると
四本のキャンドルのすべてに明かりが灯り
礼拝堂が美しく輝いていたのを思い出します。

そして
灯りが増えてゆくにつれて
悩み多い思春期のわたしの気持ちも
なぜだか明るくなってゆくような気がしたものであります。

このキャンドルの灯りは
長いこと自分たちの苦しい生活を救ってくれる
救世主の訪れを待ち望んでいた
二千年前の人々の希望を表しています。

そして
キリストの誕生が近づくにつれ
世の中に明るさが増し
ついに光り輝くあのベツレヘムの星へと
繋がってゆくのです。

今世の中は
変容の前の混沌を迎えているように見えますが

一番の暗闇は過ぎ
すでにアドベントの期間に入っているように
わたしには思えます。

明るくなって来たからこそ
様々な問題が見えて来ているだけなのです。

これからどんどん
明るさが増してゆくからね!

さて12月となってアドベント期間に入り
まず初めにわたしがしたことは
クリスマスのリースを玄関ドアに飾ることでした。

ダイソーにお掃除用品を買いに行ったら
偶然見かけた松ぼっくりのリース。

その隣にあったユーカリの実が
ボタンみたいで可愛くて

その隣にあった
綿花の殻をスプレーしたのも
お星さまみたいで可愛い。

さらに隣にはグルーガンまで売っていたので
手作りリースを作ってみました。

グルーガンで
なんでもかんでもくっつけただけ。

LEDのイルミネーションもつけてみました。

電池部分は薄いので
裏側に貼り付けてあります。

ちゃんとon/offスイッチもあるのよ。

全部ダイソー商品だけで
しかもそのエリアに全部揃って売っているものだけで
完成しました。

アドベントはまだ二週間あるから
是非やってみてね。

【使用したもの】

松ぼっくりのリース     200円
最後に白いペイントをちょんちょんとつけて
軽く雪が積もった風にしてみました

ユーカリの実カラー    100円
綿がらカラー(ゴールド)100円
綿がらカラー(シャンパン)100円
フェイクヒイラギ         100円
リボン(ゴールド)          100円
リボン(赤)                     100円
LEDライト                    100円

合計                               900円

グルーガン                    200円
グルー                           100円

アドベント期間も
半分が過ぎました。

クリスマスが終われば
あっという間に新年が訪れます。

乾燥していて寒い季節ですが
風邪などひかないように体調管理して
元気で一年の締めくくりを
したいものですね。

#クリスマスリース

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP