BLOG 幸せの処方箋

どのようにして1番やりたいことが仕事になったかを振り返る(その13)ホームページ

どのようにして1番やりたいことが仕事になったかを振り返る(その12)パソコンを購入してしまう
の続きです。

天使の出現により
パソコンが使えるような状況が整ったものの
わたしは依然としてメールの一通も送れていませんでした。

誰のメールアドレスも知らなかったからです(笑)

そして友人と話していた時に聞いたホームページと言う言葉。
聞けば聞くほど意味がわかりませんでした。

その友人は専業主婦で
わたしには彼女が何のためにホームページを作るのかがよくわからなかったのです。

その後、世にブログと言うものが出現し
多くの人が自己表現をすることになり
その目的や意味を理解することができましたが
(今思うと信じられないですよね~。でも創世記ってこういうことなんですよね)
当時のわたしにとっては理解不能な事でした。

その友達の家に行き制作中のホームページを見せてもらいました。

こんな風にタイトルをつけて
背景色や文字を選んで

とやって見せてもらって
わたしはあっという間にページが出来上がっていくのを驚いて見ていました。

それからしばらくたってまたその友人と電話で話したとき

「そういえばホームページはどうなったの?」

と聞くと友人は

「挫折した〜」

と言うではありませんか。

わたしは楽しみにしていたので少しがっかりしましたが

「じゃぁそのホームページビルダーっていうの貸してくれない?」

と頼んでCDみたいなホームページビルダーを貸してもらいました。

最初の内は文字を打つのにも
あいうえお順でも
アルファベット順でもないキーボードに苦戦して本気で

「kって言う文字がいくら探してもないの〜」

などと友人に電話したりしていましたが

トップページには深い森のグリーンを持ってきて

本当の安らぎをあなたに

と文字を入れたら
ホームページ全体のイメージが
バーッと浮かんできて

何かがわたしに降臨して
書きたいことが泉のように溢れ出して来たのでした。

それから10日間位は信じられないような集中力で
ホームページが完成しました。

インターネットの仕組みもわからないまま
アップロードまでしてしまいました。
10日前にkの文字を探すところからスタートしたというのに。。。

これには不思議な力が働いたとしか思えません。
これこそコミットメントの持つ力です。

リニューアルこそしていますが
現在のわたしのホームページの内容は
基本的にほとんどその時に書いたままです。

そして現在に至るまで
広告なども出しておらず
このホームページを見てと言うクライアントさんがわたしを見つけて予約して来てくださいます。

本当にこのホームページだけが
わたしのやりたいことを
仕事にしてくれたのです。

けれどもこの時
完成したホームページを前に
不思議な高揚感と達成感に満たされたわたしに
1つの疑問が浮かんできました。

このホームページを
誰が
どうやって
見てくれるの?

とりあえず友達に電話して

「いい?書いてね。h,t,t,p,点が二こ縦に並んでいるやつ、ナナメの線、、、」

みたいに伝えるのってめっちゃめんどくさいし
わたしの少ない友達しか見てもらえないじゃん!

今思うと微笑ましいのですが
こんなことを思っていました。

その後のミラクルがまた凄かったのですよ〜

次回も見てね。

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP