特別でありたいと思う気持ちの正体


セッションではみなさんのエネルギーを

拝見させていただきますが

いつもいつも感じることは

どの方のエネルギーも本当に美しく

特別であるということです。

全ての方が特別なので

逆に言えば 誰も特別な人などいない

ということになります。

セッション中にクライアントさんの周りに

スパークするなんとも美しい光を見ることがあります。

たいていはその方の左側が多いのですが

4、50センチくらい離れたところで閃光が輝きます。

その美しいことといったら!!

でもわたしはそのことをわざわざお伝えしないことが多いです。

なぜそのことをわざわざお伝えしないのかといえば

そのような通常ではないと感じることに興味をひかれてしまい

エゴを満足させてしまうとセッションが効果的でなくなるからです。


エゴは「個」を維持し

「安全かつ有利に生き延びる」ことをミッションとしているので

自分は特別な存在で

無価値ではないという証拠に飢えており

そのような言葉に反応してしまうことがあります。

するとセッション中にお伝えする現実的で

肝心な他のことはみんな吹き飛んでしまい

帰り道も翌日もそのことだけが頭の中でリフレインします。

「わたしは特別な存在なの?」

けれどもエゴは

自分は特別な存在などではなく無価値なのではないかという

疑惑を持っているがゆえに

そうではないという証拠を求めているのだという

矛盾に気がつく必要があります。



自分に価値があることを知っている人は

その価値を確認する必要はありません。

あなたが恋人の愛情を疑う時

「わたしのこと愛してる?」と確かめたくなるのと一緒です。

愛情を疑いようもない時

こういった確認をする気持ちは全く起こりません。

だってもうわかってるのだから。



つまりあなたのエゴは

あなたが特別な存在などではなく

無価値なんだと思っているために

そうではないという証拠が欲しいのです。



けれどもエゴは短い時間しか

その証拠を信じることはできません。

ですから そういう甘い言葉を繰り返し?定期的に?

必要としてしまうのです。

そのような形でエゴを満たしても

それは3日か4日もすれば次第に色あせるように効力を失ってしまい

また証拠を求めることになるのでしょう。



「あなたは特別な使命を持って生まれてきたと霊能力者に言われたのですが、、」

とおっしゃる方がおられましたが

「特別」とか「より優れた」という概念自体が

ガイドの次元には存在しないのです。

全員がかけがえがなく 素晴らしく価値があるので

そこには比較がなく 「特別」は存在していません。



稀にセッション時にガイドたちからの

自分が特別な存在であり、他の人たちとは違う、という言葉を

(無意識のレベルで)欲しがっておられる方が来られると

わたしはその方のガイドから

そのような言葉を求める意図の方に注目するように導かれます。

(このような方は何を伝えられるのか逆にひどく恐れています)

するとその意図は

『無価値感を癒したい』

ということだったりするのです。

セッションではエゴを満たして

エゴに力を与えるのではなく

その元となっている無価値感に向き合うことになります。



エゴに栄養を与え続けている限り

エゴは養われて大きくなってゆきます。

そうではなく

その無価値観こそが幻想であるということに気がついたなら

真の安らぎを得ることができます。

*************************************

エゴとは
本来の完全な自分自身を忘れてしまった人格が
忘れてしまった部分を補おうとして
自分自身に増築した仮の部分のことです

皮肉なことにエゴによっては
自分が完全であることを思い出すことはできません

そして それを証明しようとして躍起になればなるほど
逆の結果を生み出すことになるのです

*************************************

これは9年ほど前に受けとったエゴに関するメッセージですが

(レムリアからのメッセージ)(レムリアからのメッセージ)

自分の中に潜むエゴの声に気づくことで

本当にかけがえのない真の自分自身を

見いだすことに導かれると思います。

もちろんわたしの中にも

「自分が特別であると思いたい」=「特別じゃない自分は無価値な存在だ」

という気持ちが見つかります。

ただそれがエゴの声であると気づいていて

逃げないで見つめ続けているので

そのワナに落ちないというだけです。

ほんとうの自分自身を見出すまで

みなさんとわたしの旅は続きます。

真のあなたは 完全に美しく 

いっさい足りないものはありません。 

あなたがそうであるように

あなたの周りの誰もがそうです。

あなたが何をしても しなくても
あなたの価値は増えたり減ったりしません。

そのことを

思い出すだけでいいんです。

これは綺麗ごとではなく

ほんとうのことですよ。

このページのトップへ

TOPページへ